育毛環境を作る!日常生活の心得。

育毛環境を作る!日常生活の心得。

男性型脱毛症(AGA)では、男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が主な原因となって薄毛化が進行します。

 

従って、ある程度薄毛化が進行したAGAでは、@DHTの生成を阻害したり、ADHTの作用によって弱まった毛母細胞の細胞分裂を再び活性化させるような育毛剤を使わなければ、目に見えた育毛効果を実感するのは難しいでしょう。

 

それでも、日常生活でできるレベルの対策がまったく無駄かと言えば、そんなことはありません。

 

毎日睡眠不足でまともな食事を摂らず、ストレスを抱えている人と、1日7時間から8時間の睡眠に健康的な食事を摂り、適度に刺激的な生活を送っている人とでは、後者の方が育毛剤を使ったときにより効果を実感できる可能性が高いのは当然です。

 

日常生活の改善によって育毛環境をしっかりと整えることは、育毛剤を使った育毛をサポートする上で重要です。

 

日常生活の改善でできる育毛環境の整備

睡眠不足を避け、適切な睡眠を取る

 

適切な睡眠は、育毛だけでなくすべての健康の基本です。

 

特に慢性的な睡眠不足の状態が続くと、髪の毛がダメージを受けるのは間違いありません。

 

また、深夜遅くまで起きていると副交感神経が優位になり、テストステロンの分泌が促進されます。

 

すでにAGAを発症している場合、テストステロンの分泌が促進されると薄毛化が進行してしまう可能性があります。

 

夜10時から1時の間に睡眠していると、髪の毛の成長にも関係する成長ホルモンがよく分泌されるという説もあります。

 

この説の真偽は議論の的になっていますが、少なくとも規則正しい睡眠が育毛に悪い影響を与えることはありません。

 

健康的な食生活を送る

 

髪の毛は毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことによって成長していきます。

 

細胞分裂には大きなエネルギー(アミノ酸やミネラルなど)を必要とするため、バランスの取れた食事でいろいろな栄養素をしっかりと取る必要があります。

 

育毛に良いと言われる食材(豆腐や唐辛子など)を食べても、それが直接育毛につながることはありませんが、全く無意味というわけではありません。また、「育毛に良いと言われているものを食べている」という前向きな心理は、育毛生活に欠かせないものです。

 

全体的に健康的な食事を基本としつつ、適度に「育毛に良いメニュー」を入れていくといいでしょう。

 

もちろん、食べ過ぎは避け(たまには問題なし)、腹八分目を基本とするのが理想です。

 

過剰なストレスを避ける

 

適度なストレスは良い刺激となり、生活に弾みを付けますが、悪いストレスが積み重なると心身にダメージとなります。

 

男性型脱毛症はストレスが原因となって起きることはありませんが、過剰なストレスは免疫機能を低下させたりして体を弱らせ、髪の毛に間接的によくない影響を及ぼす可能性はあります。

 

やはり、髪の毛が健康的に成長するためには、体と心の両方がともに健康であるのが一番です。

 

適度に運動する

 

運動不足や肥満と男性型脱毛症に直接の因果関係があるわけではありあませんが、健康を維持するという点ではスポーツや軽い運動はオススメです。

 

何よりもストレス解消につながります。

 

シャンプー・洗髪を適度に正しい方法で行う

 

育毛とシャンプーは直接関係があると思っている方もいるかもしれませんが、実はあまり関係はありません。

 

石油系の界面活性剤を含むシャンプーはハゲやすいとか、ノンシリコンシャンプーであればハゲないなどの説がまことしやかに語られていますが、基本的にはどれを使っても育毛という点では同じです。

 

もちろん、頭皮の状態や体質によって、合う合わないはあるので、自分にあった洗髪が気持ちの良いシャンプーを選ぶと良いでしょう。

 

食事と同じで、シャンプーが直接育毛につながるわけではありませんが、ノンシリコンや弱アミノ酸系のシャンプーを使えば「髪に良いシャンプーを使っている」という心理的に前向きになる効果があります。

 

大事なのはシャンプーよりも洗い方

 

大切なのは、むしろ洗い方の方です。

 

方法はさまざまですが、最も重要なのはそそぎをしっかりと行い、シャンプーを頭に残さないことです。

 

少なくとも数分はかけて、しっかりとシャンプーを洗い流すようにしましょう。

 

この点、風呂おけにお湯をくんで洗い流すよりも、シャワーを使った方が良いかもしれません。

 

洗髪の頻度は特別な理由がなければ1日1回で大丈夫です。冬なら2日に1回でもいいですし、スポーツなどを行って汗をかいたのあれば1日2回浴びても問題ありません。