ポリピュアEXを使っているときは筋トレをしても良い?

ポリピュアEXと筋トレの関係。

バーベルやダンベルなどのウエイト(重り)を使った筋力トレーニング。

 

日本ではまだまだ少数派とは言え、筋トレを定期的に行っている方もいることでしょう。

 

実はこの筋トレ、男性ホルモンのテストステロンを増やすと言われています。男性ホルモンと言えば、男性型脱毛症(AGA)の原因となる物質です。

 

薬用育毛剤ポリピュアEXを実践している場合、男性ホルモンを増やすような筋トレは避けた方が良いのでしょうか?

 

テストステロンは男性型脱毛症を直接引き起こすわけではない!しかし...

 

筋トレで増えるテストステロンは、実は直接男性型脱毛症の原因となる物質ではありません。

 

しかし、テストステロンは、AGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)という物質の元になるホルモンです。

 

テストステロンは、男性では睾丸で90%以上が作られますが、作られた後は血流にのって全身に運ばれ、筋肉や骨格の形成、あるいは男性的な心理を生み出すことに関わります。

 

もちろん、毛根にも毛細血管を伝わって運ばれていきます。

 

しかし、毛根には5αリダクターゼという酵素が存在しており、この酵素がテストステロンをDHTに変えてしまいます。

 

体質によって5αリダクターゼの働きは活発な人もいて、そういった方では多量のDHTが作られるため、男性型脱毛症になりやすい傾向にあります(DHTが多いと絶対にAGAになるというわけではありません)。

 

薬用育毛剤ポリピュアEXの実践中は筋トレを辞めておいたほうが良い?

 

筋トレを行っても、DHTが直接にたくさん増えるわけではありません。

 

しかし、テストステロン量は増えるため、5αリダクターゼの活性が強い方は、理屈の上ではたくさんのDHTが生み出されることになります。

 

そして、薬用育毛剤ポリピュアEXを使っているということは、程度の差こそあれ男性型脱毛症によって薄毛化が起きているケースがほとんどです。

 

5αリダクターゼの活性の強さと、筋力トレーニングを行うことが、男性型脱毛症の薄毛化を進行させることが科学的に証明されたわけではありませんが、理屈の上ではあり得る話です。

 

とは言え、少し筋トレすれば大きくハゲる、というわけでもないので、プロのボディービルダーのような、ハードなトレーニングを日常的に行ったりするのでなければ、問題はないでしょう。

 

実際、育毛剤を使ってしっかりとケアしているのであれば、多少の筋トレで育毛剤の働きが無効になってしまうことはほとんどないはずです。

 

もちろん、筋トレを行っていること効果が減っているんじゃないかと感じた場合は、一時的に筋トレを止めてみるのもありです。

 

その場合は、有酸素運動に切り替えると良いです。有酸素運動は、ウエイトトレーニングと異なって、テストステロン量を増加させないからです。