ポリピュアEXとともに育毛環境を作る食事―唐辛子と大豆の組み合わせは最強。

ポリピュアEXとともに育毛環境を作る食事―唐辛子と大豆の組み合わせは最強。

薬用育毛剤ポリピュアEXは育毛や脱毛予防の頼りになる味方ですが、ポリピュアEXを使っているからと言って、他のことはどうでもよいわけではありません。

 

せっかく育毛剤を使用しているのであれば、育毛剤の効果を最大限に引き出すような生活習慣を確立した方が、より効果を実感できる可能性が高いです。

 

特に、髪の毛に良い生活というのは、健康にも良いので、一石二鳥です。

 

今回は食事、中でも大豆と唐辛子について解説します。

 

唐辛子は髪の毛の成長を促す成長因子を増やす?

 

唐辛子。

 

ピリ辛が何とも言えない食材ですね。ちなみに、辛味というのは味覚ではなく、痛みであろうようです。

 

つまり、舌がある種の痛みを感じて辛味を感じるわけですね。

 

さて、痛みを感じるのは舌だけではありません。

 

唐辛子の辛味成分であるカプサイシンという物質は、胃の中に入ると、胃の知覚神経を刺激します。

 

そして、知覚神経が刺激されると、IGF-1という成長因子が増えることが分かっています。

 

IGF-1は毛母細胞の細胞分裂を促す

 

このIGF-1、日本語では「インスリン様成長因子」と言いますが、そんなことは特に重要でありません。

 

重要なのは、IGF-1が髪の毛の元となる毛母細胞の細胞分裂を促すことです。

 

毛母細胞の細胞分裂を促す成長因子は他にも、FGFやVEGFなどいろいろありますが、IGF-1はかなり重要な働きを持っています。

 

IGF-1は体内の知覚神経を刺激すると増えるようです。

 

従って、唐辛子を食べて胃の知覚神経を刺激する以外にもIGF-1を増やす方法はありますが、食事であれば最も良いのが唐辛子に含まれるカプサイシンであるとのこと。

 

ついでに大豆も一緒に食べよう

 

大豆自身には胃の知覚神経を刺激する働きはあまりないようです。

 

しかし、大豆に含まれるイソフラボンという物質は女性ホルモンのような働きがあるため、男性ホルモンの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)を作り出す酵素(5αリダクターゼ)の働きを抑えると言われています。

 

また、イソフラボンは、IGF-1の生成に必要な物質を作る働きもあるため、唐辛子を食べるときにはぜひ一緒に食べたい食材です。

 

ポリピュアEXによる育毛ライフには麻婆豆腐を定番メニューとして加えたい

 

大豆と唐辛子の組み合わせというと、やはり麻婆豆腐が最強ですね(笑)

 

もちろん、食事だけ男性型脱毛症(AGA)による薄毛化を改善することはできませんが、育毛剤のサポート的な存在として考えると、育毛ライフがより実り豊かなものになります。

 

何よりも、麻婆豆腐を食べるときに「このメニューは髪の毛に良いんだ」と思うことは、前向きな気持ちになりますし、食事も楽しくなります。

 

中華料理で定食を食べるときは、ぜひ麻婆豆腐を―!